量子もつれ問題の解りやすい説明案2022年11月27日 02:57

量子もつれに関し幾つか解説サイトを見たが、多くは、量子もつれ状態の二つの光子の一方の光子のスピン量子数が測定されれば、もう一方の光子の光子のスピン量子数は、両光子がどれだけ離れていようとも、その瞬間に、対となる量子数であると「分かる」というものである。
この「分かる」という意味が分からなかった。アインシュタインがそれを不気味な遠隔作用だと言ったという逸話が、ますます事象を謎めいたものにしていた。
しかし、その後、この問題の計測実験に関する説明サイトを調べていくうち、話は比較的単純なものであると理解できるようになった。即ち、よくあるサイトの説明は、順序が逆で、量子もつれにある二つの光子を作ることが実験的に可能になったということなのである。量子もつれの状態の二つの光子は、相反するスピン量子数を持つことが量子論の定説なので、一方が測定できれば、他方は距離に関係なく定められるのは不気味でもなんでもない。即ち、量子論の正しさを証明した、或いは、正確に言えば、裏付ける実験が出来たというだけの事である。

量子論が成立した頃、実験的にその正しさを確認するのは困難だった。光の場合、多数の光子があっても、個々の量子数を測定することはできず、まして、量子もつれ状態の二つの光子対を作ることは不可能だった。しかし、その後の実験技術の進歩により、位相の揃ったレーザー光を特殊な結晶に照射することで、量子もつれ状態の光子対が僅かながら発生することができ、それらの量子数を実測して、量子論から予測されていた量子もつれ状態の実在が証明されたということである。

より、具体的には、数万のレーザー光子を偏光作用のある結晶に照射し、量子もつれ状態の電子対を一対作る。この光子対を各々遠方に分離して引き出し、量子数を測定すると、互いに対になった量子数であることが実証されたということである。
従って、量子もつれの光子対を、光ファイバーを用いて通信に使えば、光ファイバーの一端に到達した光子の量子数と、他端の光子の量子数の合計は0になっていなければならないので、情報が漏洩した場合には量子数のズレから盗聴の事態があったことが原理的に分かる事になる。これが、量子通信での盗聴防止原理であると理解できた。

森友問題判決の不整合2022年11月26日 21:17

森友問題における元理財局長への賠償請求は、公務員が業務で行った行為については責任を負わないとする一審判決がでた。
しかし、公務員が業務上の功績を挙げたという理由で、多くの叙勲がなされている。即ち、賞は受けるが、罰は受けないという常識はずれの法体系になっているのである。責任あるものは、賞罰を等しくバランスよく受けるのが公序良俗に適っている。今回の地裁判決では、公序良俗に反する公務員関連法を憲法違反だと指摘すべきであり、余りにも現行法の枠内で波風を立てないように収めようとして、創り上げた恥ずべき判決だと思う。

日本がコスタリカに負ける確率計算2022年11月25日 16:09

https://note.com/yeahmen/n/n0e7b27f1a599
によれば、最近5回のワールドカップでの一試合当たり得点率は

日本     1.034点
コスタリカ 1.000点(参加できなかった2014年を除く)

である。
あるサッカーチームの平均得点をλとすると、任意の1試合でx点入る確率P(x)は次式のポアソン分布で表されることが経験的に分かっている。

 P(x)=exp(-λ)*λ^x/x!

この式を用いて、日本とコスタリカの勝敗確率を評価したのが図示した表の上部に示した。

即ち、日本の勝率は35.55%、コスタリカの勝率は33.79%、残りはドローである。

しかし、最近3大会(2010ー2018年)における両国の平均得点は

日本     1.057点
コスタリカ 0.5176点(参加できなかった2014年を除く)

とかなり差がある。

そのため、表の下部に示したように、

日本の勝率は48.36%、コスタリカの勝率は17.87%である。

即ち、いまだに、日本が負ける確率は20%弱はあるということになる。

みんなで応援しよう!!!

アルゼンチンがサウジに負ける確率はどの程度か2022年11月23日 05:57

 サッカーでの一試合での得点は図のポアソン分布で示されることが経験的に分かっている。
 (豊田秀樹編著「回帰分析入門」東京図書、p.208)
即ち、そのチームの平均得点(λ)が3点ならば、1点しか取れない確率は図の縦軸の値(0.15)となる。
 今回、何対何であれ、アルゼンチンがサウジに勝ったはずの確率はどうなるか。アルゼンチンの平均得点能力を3点、サウジの平均得点能力を1点と想定して計算してみる。
 
 それは、このポアソン分布で赤の点が黒の点を上回る確率の合計であるが、より簡単に計算するは、黒の点(平均得点能力が1点)が赤の点(平均得点能力が3点)を上回るケースの確率を合計し、1から引けばよい。

 (1-(0.34*0.05+0.34*0.15))=0.992

 即ち、99.2%の確率でアルゼンチンが勝つはずの試合で、サウジが勝ったことになる。
言い換えれば、今回は0.8%の確率の事象が生じたことになる。それでこの試合がトップニュースになったというわけである。

簡単な発声法2022年11月22日 06:54

カラオケの事前練習をしていたら高音が特に出にくくなってきた。コロナで歌うことを忘れたカナリヤ状態になっていた。

高音が出にくいのは、強く発生しようとして喉に力を入れるため、逆に気道が狭まることが原因だと気づいた。

この喉の力みをなくすための簡単な方法は、舌を出来るだけ歯に近づけ、舌を下アゴに付けながら発声することである。常にこのような状態を維持するだけで、気道が広がり、楽に発声できる。意外なことに、このような舌遣いでも、すべての音が出せる。この状態で下の後部を上げればr、前部を上げればlである。英語の発音の区別も容易にでき、英語も上達する(ような気がする。)