東京オリンピック、パラリンピックの開催方法2021年01月22日 04:14

新型コロナウイルスの感染拡大により東京オリンピック、パラリンピックは中止すべきだという意見が殆どになってきた。
この際、オリンピックの意義を再確認したほうがいいであろう。クーベルタン男爵が述べた通り、「参加することに意義がある。」である。また、「より高く、より強く、より早く」といったスローガンもある。
これをコロナと関係なく開催できればそれで良しとしよう。そういう発想ができ、開催可能であれば、日本は世界中の人々、アスリートから尊敬をうけるであろう。それこそがオリンピックを開催する名誉であり、財産となる。

では、その具体的な方法であるが、2つのポイントがある。
(1)参加者全員に金メダルを授与する。
これは1個10万として10億の予算で可能だ。大した金額ではない。
そして無意味な順位付けをなくすこともできる。
(2)リモート開催
世界中のアスリートから自分の最も良いと思うぱパフォーマンスの画像、動画をオリンピック委員会に送ってもらい、その著作権を確保する。
そのための、問題は2つであろう。
(A)団体競技、対戦競技をどうするか。
(B)選手の選定をどうするか。
このうち、選手選定については、各国のオリンピック委員会に任せればよい。今でもそうなのだから。
団体競技、対戦競技については、各競技団体の世界競技連盟に対し、個人のどのようなパフォーマンスがその競技の最も優れたポイントかを示してもらい、その画像、動画を例示する。

以上の方法をネットを使い組織化、運営すれば半年後には十分な映像データが組織委員会に集まる。それを世界中に発信すればペイするし、感動も得られる。そして、そのような世界的なイベントをコロナに負けず開催できた栄誉を日本国民、東京が得ることになる。

そのためにはスポーツ競技団体、アスリート、各委員たちのスポーツというものに対する意識の一大変革が必要だが、それが歴史をつくるということでもあろう。


パラリンピックは個人競技が多いのでより一層簡単に開催できるはずである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yokoyamashindo.asablo.jp/blog/2021/01/22/9339855/tb