理不尽なコメントに対するストレス解消法2021年03月03日 04:42

知人から何度も言っているのになぜわからないのかとのコメントが来た。
こちらとしてはそれは初耳だったので、なぜそんなことを言うのか聞いてみたいところだが、それも大人げない。
ただ、ストレスは溜まる。
それで考えたのだが、要するに自分がバカだったとの立場をとればよいのである。確かに、全知全能であれば初耳ということは原理的にあり得ないので多少はバカだったということになる。
従って、自分はバカだったとの前提でその人に、いつその件をどのように私に伝えたのかをお詫びがてら聞いてみればよいだけの話である。それならば相手は教えてくれるであろう。それでお互いの誤解は解け、ストレスフリーになれる。

福島事故から10年2021年03月07日 04:20

(1)福島1F事故の原因は何か。
(2)原発をどうするか。
この2つの質問に答えるのは難しいが、あえて回答を作ってみる。

(1)事故原因には大きく分けて2つある。
直接的な原因と歴史的な要因。
直接的な原因は、全電源喪失を考慮しなかった設計。
歴史的な原因は、米国の設計をそのまま受け入れ、設計変更や設備更新をしようとしなかった体制。
この2つは関係している。
1960年代に福島1Fの建設は始まったが、これは当時自主開発を目指していた原研と政府、電力が対立し、電力の意向で米国GEからのBWR導入が決定した。当時、土光敏夫氏はGEの設計のチェックを申し入れたが、GE側は設計変更をするならプラントの提供をしないと回答してきた。米国の原発はアイダホの砂漠に建設された世界初の原発EBR-1が基礎にあり、竜巻対応の配置設計のため、非常用電源が地下にあり、津波には弱いプラントだった。これが東日本大震災では全電源喪失につながった。
日本ではいったん役所が許可したプラントの設計変更や設備変更が、官僚主義により難しいことがこの事故の歴史的原因の中心であろう。
そのために、タービン建屋地下に配置された非常用電源の電源盤が海水に浸かったままになり、全電源喪失につながった。また、全電源喪失時の対応もあり得ないものとされていたので対応できず、大事故につながった。
(2)原発をどうするか。
その前に、放射線被ばくに対する考え方を整理しなければならない。これは事故対応上も重要であり、事故の拡大につながっている。即ち、事故時に2つの大きな対応ミスがあった。
一つは被ばくを恐れて運転員、作業員の活動が大きく制限されたこと、二つ目は爆発後に政府が福島のサイト周辺をすべて避難区域にしたことである。これは両者とも、国際放射線防護委員会ICRPによる被ばく管理基準に従ったものである。それが本当であれば、あの事故とその後の経緯は歴史的に必然のものであろう。しかし、被ばく規制法令のベースであるICRPの基準は、主に広島・長崎の被ばくデータの統計処理で得られた疫学データに基づいて設定されている。これは原爆の被ばくなので、1マイクロ秒での被ばくである。一方、今回の事故の被ばくは短くても数分、長ければ1年単位での被ばく時間の時間積分量である。6桁以上の差がある時間の被ばく影響を、被ばく量という時間積分量という値だけで考えている。これは醤油1リットルを一気飲みすると死亡するが、1年に亘って摂取すれば健康に良いという話を単に醤油1リットルが危ないといっていることに似ている。このICRP基準の見直しができなければ、日本人の放射線に対する意識は変わらず、原発の将来はない。
数ミリシーベルトの被ばくでがんになる可能性があるとICRP基準では言っている。しかし、同じ放射線によるがん治療は10シーベルトレベルの放射線を健全細胞も含めて照射し、がんを治療している。ここにも6桁以上の差がある。放射線治療も1時間レベルでの被ばくであることがこの矛盾のなぞを解くカギである。
即ち、原爆のような一瞬の被ばくと、放射線治療や一般の原子力施設からの放射線被ばくとでは醤油の一気飲みと調味料として1リットル摂取する場合と同じで逆の人体影響になりうる。このことに多くの人々が気付けるかで原子力の将来はきまるであろう。
しかし、日本がどうであれ、中国やロシア、インドなどの大国は原子力を地球温暖化対策の中心に据えている。それらの諸国の原子力開発が日本の二の舞にならないよう、即ち、欧米の原子力技術の単純な導入とならないよう忠告、監視するのが福島事故を経験した日本人としての義務かもしれない。現に中国の原発設計は米国やフランスの技術に基づいたものなのである。
海外技術に頼った原発から早く脱却し、新たな放射線被ばく基準のもと、自主、民主、公開の原子力三原則に立ち返って真に科学的、民主的な原子力開発を進めるべきであろう。

分かりやすい文章とは2021年03月11日 05:32

読んで納得できる文章である。
といっても文章は要素からできている。
その要素は宇宙を抽象的な言葉で表象したものである。
益々分からない文章になってきた。

ともかく、読者が理解できる要素と構成でできている言葉である必要がある。
では理解できるとは何か。これまでその読者が理解し、記憶した言葉と論理でできている文章であるはずだ。
多分論理のほうは新しい文章では新しい論理でできているからその文章の中で読者を説得する以外にない。
作者ができることは、文章の要素を読者に理解してもらうことであろう。
即ち、理解が難しい、又は、誤解される恐れがあると作者が感じたら、その要素を注釈、引用で繰り返し解説する、又は、ネットならばリンクする、そして過不足なくその要素を解説することだろう。
読者はその文章全体を頭から読み進むほど暇ではない。

実例1
あるエクセルの解説を読んでいたら
{=
なる数式が突然出てきた。数式は=から始まるとばかり思っていたので{
は単なる解説用区切りかと思って無視して=から入力したらエラーが出てきて直すこともできない。
いろいろ調べた結果、これは数式配列というエクセル特有の数式システムであることが分かった。これでかなりの時間ロスになってしまった。
実例2
ある人がT駅12:11発の電車に飛び乗った。
それは、その人にパソコンで検索した乗り換え案内の結果を手渡した人がいたためである。運悪く、同時刻発の電車が向かいのホームに停車していた。そのため、彼女は待ち合わせに1時間遅れてしまった。
ホームの番号も分かりやすく示すべきであった。

3.11福島事故を招いた二重の間違い2021年03月11日 06:45

福島事故に関し、日本は二つの間違いを犯していたと思う。
一つは米国から無批判に津波対応を自然災害の主要因としていない配置設計のBWR原発を導入したこと。
もう一つは、同じく、米国主導のICRPから無批判に被ばく基準を導入し、法令としたことである。これらはいずれも自主、民主、公開の三原則に反している。
特に二つめの導入が、福島事故の拡大と住民の避難悲劇を生んでいる。
このところ、事故時のサイトの再現ドラマが放映されているが、作業員が放射線被ばく基準により必要な作業ができず、水素爆発に進んでいく様子が分かる。また、住民が法令で定まる被ばく基準に従った国の避難命令で故郷を追われたことである。
ICRP被ばく基準は広島・長崎の原爆被爆者のがん発生率のデータを基にしているが、統計的に不確かさの大きい低線量域に根拠なく外挿したデータであり、また、原爆は1マイクロ秒の被ばく現象だが、原発や放射線医療の被ばくは被ばくの時間当たり線量率が百万分の1以下である。即ち、DNAの修復のための十分な時間がある。その百万倍以上の差を考慮に殆ど入れてない被ばく基準が作られ、福島に適用されているのであるから、原爆は2重に日本に被害をもたらしたということである。古い配置設計のBWRを押し付けられたことも加えれば、日本の自主性が無視された歴史が今も続いていることになる。

定量化と安全設備が含む危険性2021年03月12日 04:34

3.11の津波では、気象庁の出した3m以上の津波警報を聞いて、3mなら大したことはないと思い避難しなかった人の多くが犠牲者になった。これが大津波警報や津波警報だけ出して3mという定量的な数値を出さなかったらどうなっていただろうか。
一般に定量化は分かりやすいので、説得力があり、政治家もよく使う方法だが、このような危険性も含んでいることを認識する必要がある。人間は最も重要な点(ここでは以上という部分)を良く見落とし、分かりやすい部分だけで判断しがちだ。
では、安全という言葉はどうだろうか。安全設備がついているから安心だという常套句は常に注意したほうがよい。新しい安全設備は予想外の大きな事故の危険性をはらんでいるからである。
それで思い出すのは、中国が建設中の新型原子炉である。この原子炉は流体浮上型制御棒という冷却材流量が低下すると自動的に挿入される制御棒を設置している。これは安全だと思われるかもしれないが、チェルノビル型の事故を発生する可能性がある。チェルノビルの事故の原因は現在では低出力状態での制御棒挿入で、下部にあった水(中性子吸収材)が押し出され、制御棒下部についていた黒鉛(中性子減速材)に置き換わることで大きな反応度が挿入され爆発した。これと同じように、流体浮上型制御棒が炉心の上部から挿入される際に、制御棒チャンネルから漏洩しているはずの中性子の流出を上から蓋をする形で抑制することで、同じように爆発する可能性がある。このような新たな安全設備の導入はより注意して評価する必要があるだろう。