東京オリンピック、パラリンピックの開催方法2021年01月22日 04:14

新型コロナウイルスの感染拡大により東京オリンピック、パラリンピックは中止すべきだという意見が殆どになってきた。
この際、オリンピックの意義を再確認したほうがいいであろう。クーベルタン男爵が述べた通り、「参加することに意義がある。」である。また、「より高く、より強く、より早く」といったスローガンもある。
これをコロナと関係なく開催できればそれで良しとしよう。そういう発想ができ、開催可能であれば、日本は世界中の人々、アスリートから尊敬をうけるであろう。それこそがオリンピックを開催する名誉であり、財産となる。

では、その具体的な方法であるが、2つのポイントがある。
(1)参加者全員に金メダルを授与する。
これは1個10万として10億の予算で可能だ。大した金額ではない。
そして無意味な順位付けをなくすこともできる。
(2)リモート開催
世界中のアスリートから自分の最も良いと思うぱパフォーマンスの画像、動画をオリンピック委員会に送ってもらい、その著作権を確保する。
そのための、問題は2つであろう。
(A)団体競技、対戦競技をどうするか。
(B)選手の選定をどうするか。
このうち、選手選定については、各国のオリンピック委員会に任せればよい。今でもそうなのだから。
団体競技、対戦競技については、各競技団体の世界競技連盟に対し、個人のどのようなパフォーマンスがその競技の最も優れたポイントかを示してもらい、その画像、動画を例示する。

以上の方法をネットを使い組織化、運営すれば半年後には十分な映像データが組織委員会に集まる。それを世界中に発信すればペイするし、感動も得られる。そして、そのような世界的なイベントをコロナに負けず開催できた栄誉を日本国民、東京が得ることになる。

そのためにはスポーツ競技団体、アスリート、各委員たちのスポーツというものに対する意識の一大変革が必要だが、それが歴史をつくるということでもあろう。


パラリンピックは個人競技が多いのでより一層簡単に開催できるはずである。

因果応報か神の思し召しか2021年01月16日 07:25

コロナ感染に対する各地の人の話を聞くと、日本人は仏陀の教えである因果応報を信じているようだ。感染のいう結果には原因があるはずだからその人が感染したのはその人に原因があると信じているのだろう。
一方、キリスト教では神の思し召しとよく聞く。すべては神様が決めるという運命論を深いところで欧米人?は信じているようだ。だから、感染した人へのいじめはないのではないか。差別はあるかもしれないが。

因果応報という考え方は決定論である。一方、神の思し召しという考えは確率論と親和性があるのではないだろうか。

仏教が多民族国家であるインドでは広がらず、東アジアのような単一民族国家で広がったのも因果応報という考えに関係しているのではないだろうか。皆似たような人なのに、良いひともいれば悪い人もいる。その差を説明するのに、因果応報は都合がよい。一方、欧州やインドなどの多民族国家では、見た目も性格も様々だから個人間の差をわざわざ個々人の努力や行いにその原因を求める必要はない。生まれや家柄、運命などどうしようもないこと、即ち神の思し召しですべてはきまる。その人がコロナに罹るのも罹らないのもすべては運命であるという確率論的考え方である。

現在、我々が自粛として努力しているのも罹らないためではなく、罹る確率を下げるためであるーというこの差を皆が認識できるよう政府もマスコミもSNSもアピールすべきだろう。

コロナいじめを防ぐには、或いは病者やハンディキャップ者への差別も確率論的考えが浸透すれば日本でも無くすことができるのではないかと感染者数のポアソン回帰分析を行いながら考えてしまう。

コロナによる1年の自粛と時間への思い込み2020年12月22日 21:43

この1年、殆ど新しいことは出来なかった。成人してから最も移動距離の少ない1年だった。毎日が昨日の繰り返し、そんな感じの1年だった。
ただ、コロナ感染者の分析のために、ポアソン回帰分析という統計手法を齧ったのがわずかな新しい経験だった。
ポアソン回帰分析では、感染率が例えば人口密度に対し指数関数的に増大すると想定して相関関係を評価する。まるで人類の発展が時間に対し、指数関数的に増大すると想定するのと似ている。これが自然なのだろうか。
しかし、産業革命以前や鎖国の日本では毎日が昨日の繰り返しただと感じていたのではないだろうか。この1年の自粛生活が昨日の繰り返しのように殆ど進歩がないような日々であってもおかしくはない。単に数百年前に戻っただけである。進化が時間に比例するというのは単なる思い込みである。時間の経過に対して殆ど動きがなくてもおかしくはない。
ポアソン回帰分析においては、原因と結果の相関が直線的である必要がないことを学んだが、時間と進歩の関係も直線的である必然性はない。たまに停滞していてもそのほうが自然だということがこの1年で学んだことである。

新型コロナと放射線被ばくの感覚的類似性2020年12月11日 10:45

見えないものに対する個々人の対応は様々である。
社会的、法的な環境だけでなく、その人の知識レベル、創造性、科学的感覚、自己信頼性など様々な要素で個々人の対応が変わる。
新型コロナウイルスにおける個々人の対応の差は、それが経験が少なく、科学者、医学者でも様々な考えが表明されているのであるから、多少の経験のある放射線被ばくに対する対応よりも個人差が大きいのは当然であろう。
しかし、多くの日本人は結構国際的な基準や、法律での規制を遵守し、一旦制定されるとそれが正しいものとして行動する傾向がある。
福島事故では、ICRPの基準により(一部誤解されたものではあるが、)避難区域が設定されそれに多くの住民が従った。
新型コロナでは自粛警察のような極端に防衛的な方から、GOTOを何回も利用し、まったく気にしない方まで様々である。しかし、これらの方々も政府が緊急事態宣言をすればそれに従う方が殆どである。
両方とももう少し自分で理性的に考えて行動する必要があろう。

都道府県別新型コロナ感染者のポアソン回帰分析2020年12月05日 07:43

12月2日現在の都道府県別累積新型コロナ感染者数を対象に以下のような想定でポアソン回帰分析を行った。
(1)各県の人口密度が感染率に比例すると仮定する。
(2)各県の中心地(主に県庁所在地)から1時間で行ける範囲の面積割合が感染率に比例すると仮定する。
(3)(1)と(2)がともに成立すると仮定する。
また、日本の平均感染率を各都道府県の人口を乗じて得た感染者数も求めた。

なお、(2)の1時間到達範囲面積割合データはYahooの発表データを用いている。

結果を実際の感染者数と比較して図に示す。
赤:実感染者数
茶:想定(1)での推定感染者数
黄:想定(2)での推定感染者数
紫:想定(3)での推定感染者数
青:平均感染率と人口から求めた感染者数

10月時点では地方の感染者数が少なく、この解析はできなかったが、今回可能となったのは残念ながら地方にも新型コロナが広がってきた証とも言いえる。
このデータ比較から多くの県では、今回の推定値が実感染者数に近いので、人口密度や交通の便利さが感染者数に強く関係していることはほぼ間違いないであろう。(なお、クラスタ発生が多い都道府県では、発生事象が独立であるというポアソン分布の条件を満たさず感染者数は発生事象数より大きめになるため、推定結果との一致は悪くなる。)
一方、日本の平均感染率を各都道府県の人口を乗じた場合の感染者数は実感染者数と人口が多いいくつかの県でしか一致が良くないので、多くの県の予測には適用できない。