床暖と背中痛に因果関係があるのか?2021年01月14日 02:59

 このところ寒くなってから、ほぼ毎日背中が痛む。
友人はがんの可能性があるので早く見てもらえと言ってきた。
たしかに血液検査の肝臓の数値は悪いが、かかりつけ医は禁酒のことしか言わない。
 昨日、何故か故豊岡憲治医師の教えである電気と生体の関係を思い出した。
 身の回りから電気製品や電磁波を排除し、寝るときは電気毛布は絶対使うなという類のものである。
昨年末から床暖を使用してその上で寝ている。電気ではなく、温水床暖である。温水も電磁流体のはずだから床に電流が流れていることになる。電気を直接使っていなくても、ファラデーの法則で床付近はそれなりの電磁場ができているはずである。
 そこで昨晩は、床暖を消して、寒さ対策で下着を2枚着て寝てみた。
起きると背中の痛みは消えていた。
これは床暖と背中痛に因果関係があったということになる。
 やはり豊岡先生の言は正しかったのだろう。
先生は青森のクリニックを畳み、世界から訪れる患者のために東京に出て、浜松町で開業されていたが、しばらくして肝臓がんで亡くなられた。浜松町には強力な電磁波を日夜発射しているタワーがあることをご存じだったのだろうか。
 私見では、人類の電磁波に対する免疫メカニズム(免疫力という用語は非科学的らしい)は太陽が見られる昼間しか発揮できないと考えている。夜間は地球の遮へいにより、太陽からの電磁波はほぼ人類には届かない、イヌイットの寿命が短いのは、白夜で夜間太陽光を浴びたまま過ごさなければならないからだろう、などという仮説を立ててはみたが証明は不可能だろう。
 
さらに、背中痛が治った理由としては、床暖以外に、昨日芋や蕎麦を食べたとか、横向きで読書することなくすぐに寝たとか、下半身を暖かくして寝たとか、夕方の散歩とか、ほかにもいくつも要因があげられる。真実はどこにあるのだろうか―――
などと考えていたら、また、多少背中が痛くなってきた。今度は頭痛もしてきた‼(゚Д゚;)

(注)ロシアの方々もキリル文字がこのように日本で利用されるとは想像したこともなかったであろう。顔文字は一大発明である。

病気の効用2020年09月08日 10:32

このようなことを書くと非難されかねない世の中ではある。
しかし、体にある程度不調があるほうが、以下の点で長寿に寄与するのではないだろうか。
(1)体調に常に気を使うので無理しなくなる。
(2)体の内部に神経をいきわたらせるということは、脳を使うことになる。即ち、ボケ防止となる。
(3)体調を気遣うということは、日々の生活を計画的に行うことになり、心理的に落ち着いてくる。
(4)その結果、物忘れなど心理的な不安定化による問題が少なくなる。

でも、体調が良いに越したことはないですね。
適度な運動、睡眠、快食ですが、コロナ禍の毎日、多少不調でも長期的には良いこともあると思う。

蛇腹スライド式担架2020年09月02日 10:31

 先日、救急車が重傷者を運ぶ際に同乗することがあった。対向車線にサイレンを鳴らしながら進入し、右折するのは、後ろから見ていても非常に緊張する。隊員には大変なストレスであろう。できるだけ一般車は譲るように努めるべきだと再認識した。
 さらに、緊張する瞬間は病院に着いてからであった。救急車の担架から病院のベッドに移す際の方法である。隊員と看護師など6人掛かりで、大腿骨骨折の患者を持ち上げ、スライドさせて病院のベッドに移すのであるが、担架と病院のベッドを横に並べ、掛け声をかけて患者を敷布ごと一斉に持ち上げて移すというやり方である。これは昭和の時代から変わっていないのではないか。看護師はもちろん、患者の体への負担やショックも相当強い。敷布は柔らかいので不均一に力がかかり、骨折部分がさらに悪化する可能性も大いにあった。
 そこで提案するのであるが、蛇腹スライド式担架というものはできないであろうか。構造は以下のとおりである。
 幅5㎝、厚さ2㎝、長さ200㎝程度の中空塩ビ製断面楕円の棒状板を長手方向が蛇腹状に繋がるように基盤シートに接着させる。この蛇腹を、担架のベッド位置の上下を巻いて無限軌道ができるように構成する。この蛇腹をハンドルで回すことで、上に載っている患者は自動的に横方向にスライドする。
 病院のベッドにも同様の蛇腹構造体を設置しておき、担架とベッドを横づけして、蛇腹の回転を同期させればスムーズに少人数で患者の体をスライド移動できる。
 塩ビ管は空気を出し入れすることで硬度を変えられるようにする。塩ビ管と患者の間には摩擦の小さいフリース製の毛布を敷設する。
 空気ポンプや蛇腹回転機構を電動にするか手動にするか設計の最適化をする必要があるが、どなたか開発してもらえないでしょうか。

医療情報共有システムとセカンドオピニオンなどにおける課題2020年08月30日 21:44

医者同士が患者の治療情報を共有できる医療情報共有システムが各地域で動き出しているらしい。ネットで検索すると、患者が了解した場合だけ医療情報が医師間で共有されるシステムであるとの建前が書いてあるが、最近の経験によれば、必ずしも患者が了解していない受診履歴や投薬履歴が医者間でやり取りされているようである。
これは大きな問題になるだろう。確かに医療の効率化という観点では、受診履歴、治療履歴がその患者が関わった医者同士で簡単に見ることができるのはよいかもしれない。しかし、ちょっと考えただけで、以下のような問題点があるだろう。
(1)健康情報は個人情報の最たるものである。患者の書面了解なしでこのような情報をやり取りするのは個人情報保護法違反の疑いが強い。
(2)政治家は特に健康情報の秘匿が重要であるが、一般会社員でもこのシステムの利用により、産業医などを通して、個人の健康情報が会社側や患者にとっての敵対組織側に知られることがありうる。
(3)セカンドオピニオンを受けようとして、受診履歴が分かれば、セカンドオピニオンを依頼しようとする医師が患者の主治医の名前や治療経緯が分かることになる。医者の世界は狭いので、これらの医師の人間関係によっては、セカンドオピニオンが影響を受けることが大いにありうる。
(4)特にメンタル関係の医療については患者は一般に秘密にしておきたい場合が多い。仮に医師が守秘義務があることを前提としても、メンタル関係とは思ってもいない診療科の医師にまで自分のメンタル情報が流れるのは患者にとっては不愉快なことであろう。各医師の情報管理がきちんとしているとはとても思えないし、倫理観の強い医師だけではないだろう。システムとしてどのように情報管理がなされているかが重要である。
厚労省も医師会もこの問題について公表しているのであろうか。未だ、マスコミであれ、ネットであれ、上記のような問題に対する回答を聞いたことがない。私の不勉強ならいいのであるが。どなたか関係者のコメントが欲しいものである。

日本はどれだけ暑いか2020年08月20日 10:22

ニュースや天気予報で熱中症予防の呼びかけが連日続いている。
客観的に日本の最近の暑さは海外に比べどれだけ暑いのか、調べてみた。
暑さで思いつくのはインドやタイ、中近東などである。インドネシアはそれほどでもないらしい。これらの国々でも地域によりかなり差がある。また、暑い時期も湿度も日本とは違いがある。

インドの中で特に暑いのがデリーらしい。タイは暑さでかなり死者がでているというバンコクとした。中近東でどこが暑いかよくわからないが、人口の多いテヘランを調べてみた。月平均気温が高かった記録を気象庁のデータベースでみると
        月平均最高気温℃  最低気温℃    記録月
デリー      41.5          26.1      2013年5月
バンコク     37.3          28.6      2019年4月
テヘラン     37.6          26.0      2014年7月
ジャカルタ    32.6          25.8      2013年8月

である。
一方、昨日の横浜市中区の最高、最低温度は

横浜市中区   35.3          26.3     2020年8月19日

である。明らかにジャカルタより最高気温は高く、最低気温もバンコク以外は横浜のほうが高い。
即ち、日本の夏は世界的にもかなり危険な高温地域に入っているということである。このような比較データをもとに警戒情報を発表すれば、もう少し本気で暑さ対策に取り組む人が増えるだろう。