穢れと福島廃炉2021年03月21日 07:47

日本人は自然とともに生きてきたとの意識が欧米に比べ強いようである。これは、自然災害が多く、欧州での産業革命以来の自然を克服して文明化を図るという思想が育たなかったことによるものであろう。
また、穢れという自然のままの状態が一番だという思想もその流れから生まれたものであろう。
この前提で福島事故を見ると、廃炉にして更地にすることで穢れが回復するということになる。では、どこまできれいにすれば、穢れがなくなるか。
これが今朝NHKのニュースで取り上げられていた問題だろう。
しかし、実は照射能については完全な穢れなき状態には最初から存在していないかもしれないとの観点を含めて議論したほうが良いと思う。
実際、地殻には大量のウランやトリウム、カリウムなどの放射性物質が含まれており、温泉や地震のエネルギー源になっている。一方、福島で完全な廃炉を目指しても、放射性物質を消滅することは現在の技術ではかなり限られた量になる。それよりも、崩壊により自然消滅を待ち、自然レベルに近くなるまで、300年程度待つという選択肢が現実的かもしれない。
それには一つは穢れの思想を変える必要がある。自然は元から放射性物質で汚染されていたという認識である。確かにインドのケララ地方では福島での避難区域レベルの土地に何千万もの住民が生活している。このような思想の変換は長時間かかるだろう。
もう一つの問題は、そのような地域に住むこと、生産物を出荷することに対する心理的、金銭的負担に対する補償である。
これは知識の普及と統計データの調査、経済的補償の推進で対処するしかないであろう。

原子力発電での核分裂とは、簡単に言えば、地中の半減期10億年のウランを核分裂させて、ほとんどは半減期約3時間以下の核分裂生成物2個に変換する反応である。半減期と放射能は逆比例するので、強い放射能を持つことになる。しかし、半減期が短いということは、10年も経過すれば実質0になるはずである。即ち、核分裂生成物の中の半減期が比較的長い核種のみが問題になる。特にその中の揮発性の核種であるヨウ素-131(半減期8日)とセシウム-137(半減期約30年)が生成量も多く、主要な被ばく線源になりうる。半減期8日であれば、10年後には問題ないが、半減期30年のセシウムは多くが残ることになる。即ち、セシウムの沸点である670℃以下に燃料貯蔵領域の温度を保持することが最重要であろう。

3.11福島事故を招いた二重の間違い2021年03月11日 06:45

福島事故に関し、日本は二つの間違いを犯していたと思う。
一つは米国から無批判に津波対応を自然災害の主要因としていない配置設計のBWR原発を導入したこと。
もう一つは、同じく、米国主導のICRPから無批判に被ばく基準を導入し、法令としたことである。これらはいずれも自主、民主、公開の三原則に反している。
特に二つめの導入が、福島事故の拡大と住民の避難悲劇を生んでいる。
このところ、事故時のサイトの再現ドラマが放映されているが、作業員が放射線被ばく基準により必要な作業ができず、水素爆発に進んでいく様子が分かる。また、住民が法令で定まる被ばく基準に従った国の避難命令で故郷を追われたことである。
ICRP被ばく基準は広島・長崎の原爆被爆者のがん発生率のデータを基にしているが、統計的に不確かさの大きい低線量域に根拠なく外挿したデータであり、また、原爆は1マイクロ秒の被ばく現象だが、原発や放射線医療の被ばくは被ばくの時間当たり線量率が百万分の1以下である。即ち、DNAの修復のための十分な時間がある。その百万倍以上の差を考慮に殆ど入れてない被ばく基準が作られ、福島に適用されているのであるから、原爆は2重に日本に被害をもたらしたということである。古い配置設計のBWRを押し付けられたことも加えれば、日本の自主性が無視された歴史が今も続いていることになる。

福島事故から10年2021年03月07日 04:20

(1)福島1F事故の原因は何か。
(2)原発をどうするか。
この2つの質問に答えるのは難しいが、あえて回答を作ってみる。

(1)事故原因には大きく分けて2つある。
直接的な原因と歴史的な要因。
直接的な原因は、全電源喪失を考慮しなかった設計。
歴史的な原因は、米国の設計をそのまま受け入れ、設計変更や設備更新をしようとしなかった体制。
この2つは関係している。
1960年代に福島1Fの建設は始まったが、これは当時自主開発を目指していた原研と政府、電力が対立し、電力の意向で米国GEからのBWR導入が決定した。当時、土光敏夫氏はGEの設計のチェックを申し入れたが、GE側は設計変更をするならプラントの提供をしないと回答してきた。米国の原発はアイダホの砂漠に建設された世界初の原発EBR-1が基礎にあり、竜巻対応の配置設計のため、非常用電源が地下にあり、津波には弱いプラントだった。これが東日本大震災では全電源喪失につながった。
日本ではいったん役所が許可したプラントの設計変更や設備変更が、官僚主義により難しいことがこの事故の歴史的原因の中心であろう。
そのために、タービン建屋地下に配置された非常用電源の電源盤が海水に浸かったままになり、全電源喪失につながった。また、全電源喪失時の対応もあり得ないものとされていたので対応できず、大事故につながった。
(2)原発をどうするか。
その前に、放射線被ばくに対する考え方を整理しなければならない。これは事故対応上も重要であり、事故の拡大につながっている。即ち、事故時に2つの大きな対応ミスがあった。
一つは被ばくを恐れて運転員、作業員の活動が大きく制限されたこと、二つ目は爆発後に政府が福島のサイト周辺をすべて避難区域にしたことである。これは両者とも、国際放射線防護委員会ICRPによる被ばく管理基準に従ったものである。それが本当であれば、あの事故とその後の経緯は歴史的に必然のものであろう。しかし、被ばく規制法令のベースであるICRPの基準は、主に広島・長崎の被ばくデータの統計処理で得られた疫学データに基づいて設定されている。これは原爆の被ばくなので、1マイクロ秒での被ばくである。一方、今回の事故の被ばくは短くても数分、長ければ1年単位での被ばく時間の時間積分量である。6桁以上の差がある時間の被ばく影響を、被ばく量という時間積分量という値だけで考えている。これは醤油1リットルを一気飲みすると死亡するが、1年に亘って摂取すれば健康に良いという話を単に醤油1リットルが危ないといっていることに似ている。このICRP基準の見直しができなければ、日本人の放射線に対する意識は変わらず、原発の将来はない。
数ミリシーベルトの被ばくでがんになる可能性があるとICRP基準では言っている。しかし、同じ放射線によるがん治療は10シーベルトレベルの放射線を健全細胞も含めて照射し、がんを治療している。ここにも6桁以上の差がある。放射線治療も1時間レベルでの被ばくであることがこの矛盾のなぞを解くカギである。
即ち、原爆のような一瞬の被ばくと、放射線治療や一般の原子力施設からの放射線被ばくとでは醤油の一気飲みと調味料として1リットル摂取する場合と同じで逆の人体影響になりうる。このことに多くの人々が気付けるかで原子力の将来はきまるであろう。
しかし、日本がどうであれ、中国やロシア、インドなどの大国は原子力を地球温暖化対策の中心に据えている。それらの諸国の原子力開発が日本の二の舞にならないよう、即ち、欧米の原子力技術の単純な導入とならないよう忠告、監視するのが福島事故を経験した日本人としての義務かもしれない。現に中国の原発設計は米国やフランスの技術に基づいたものなのである。
海外技術に頼った原発から早く脱却し、新たな放射線被ばく基準のもと、自主、民主、公開の原子力三原則に立ち返って真に科学的、民主的な原子力開発を進めるべきであろう。

閉塞感と自己否定の文化2021年02月28日 05:35

浦和神経サナトリウムの院長ブログ(2020.5.31)によれば、

「現在の日本の精神科医療で顕著な潮流は、自己否定であり、日本人の集団的、精神病理学的特徴なのかもしれない。どう思われるかということを過剰に気にする恥の文化ということと関連する。」といったことが書かれている。

このコロナ禍の閉塞感を更に増幅し、また、自粛という日本でしか作用しないと思われる見えない力の根源が、この恥の文化であろう。

この文の中の自己否定という言葉を半世紀前に初めて聞いた。現在の日本の社会を作った世代が大学紛争時に全共闘運動で標語としていた言葉である。前オリンピック組織委員長のような運動部出身者であっても、この言葉の影響を受けなかった者はいないと思う。恥の文化と自己否定が根底にある社会。閉塞感が一層増すことは間違いない。
これにマスコミによるスキャンダル指摘合戦である。ますます自粛と巣籠症候群が進むのは仕方がないかもしれない。

しかし、時代は変わる。自己否定の意識よりも、自己肯定の意識を好ましいと思うのは生物の本能であろう。だからこそ、スポーツで活躍しているアスリートを羨ましく思い、讃えるのであろう。自己肯定をうまくでき、他人のお手本となれる人々である。

では、アスリートやタレントでない市井の一住民が簡単に自己肯定できる方法は何か。簡単である。自分が本当に好きなことを好きなようにすればよい。そして自己満足するのである。

それは一般には酒や異性やギャンブルということだと思うかもしれないが、長くは続かないし、本当に好きなことなのだろうか。自粛中のクラブ訪問のような後ろめたさを感じているはずだ。即ち、心から好きなことをしているとは言えない。そのような場合、何をすればよいか。

自分が最も得意だと思うことを突き詰めるしかないのではないだろうか。そして、法の許す限り、他人が何をしても許容する。そのような社会になることが閉塞感を打破する近道であろう。

政党名とコロナ自粛2021年02月21日 07:10

 コロナ自粛依頼に関わり、国会議員の夜間飲食店通いによる辞任騒ぎが続いているが、これは政党名にも関係しているのではないだろうか。
自由主義と民主主義は本来矛盾を孕むものである。自由主義には国家や社会からの抑制に対する自由という意味あいが強い。一方、民主主義は国民、住民が主権者であるので、権力者や強者の自由勝手は許さず、法治による平等性を前提としている。
 自由党と民主党が合併した政党は本来矛盾した主義を一つにしたものであるので、内部にいるものもいろいろな悩みがあっても当然である。その路線対立が生まれ、派閥が生まれても当然であろう。小沢一郎氏は自由党を設立し、その矛盾を内部対立から、国民にも分かりやすい二大正当性にしようとした狙いもそのようなところではないだろうか。
 さて、夜間飲食の問題だが、政権中枢は国民への建前から辞任を迫った。しかし、自由主義者としては、そのような自粛といった法律にすら基づかない規制には従う義務はなく、国民の自由だと思ったことであろう。従って、政党を離れて、小沢氏が嘗て目指したような真の二大政党制を復活するために新新自由党を設立すべきであろう。