高速道路での立ち往生を防ぐ方策2023年01月26日 03:42

 また、高速道路の数か所で10キロを超える立ち往生が生じた。一部救急車もでるような非常事態である。更に高齢化社会になった場合、電気自動車であったとしても、解決できない状況は今後、何度も生じる。

 これを防ぐのは容易ではないが、最も可能性く、比較的容易なのは、高速道路に数キロおきに出口を設置することではないだろうか。

 現在、高速道路のICは約2000か所、総延長は約9000キロなので、
平均5キロおきにあるはずだが、中央分離帯で分離されていることを考慮すると、10キロおきになる。今回の立ち往生長さと同等だ。

 10キロは2時間歩かなければならない距離である。雪道なら3時間はかかる。

 この距離を短くしたい。その方策は比較的簡単である。

「中央分離帯を1キロごとに外せるようにする。」

中央分離帯を外せるようにしておけば、立ち往生発生区間の反対側を通行止めにし、スタック車両の後ろから中央分離帯をまたいで逆走させればよいだけである。

 これなら比較的簡単で、多少の工事はいるが、今すぐにでも実施可能だろう。



 長期的には、このようなやや変則的な運用に頼らない方法がある。
それは、

「高速道路の非常用出口を原則2キロおきに設置する。」

という方策である。

 この非常用出口は上り、下りの一方だけでよい。

 この非常用出口は通常は閉鎖されていて、出入りは出来ないようにする。今回のような天気予報で積雪が予想されている場合のみ出口が利用できるようにする。

 2キロおきならば全国で約4000か所であり、出口専用、片側のみなので、実質1000か所の整備で済む。

 この非常用出口をどう利用するかがポイントとなる。

 降雪で立ち往生の場合、その前に、急激な降雪量の増加がある。
即ち、1時間当たり5センチ程度の積雪である。このような状態になったら、入り口は閉鎖し、高速道路上の車両は全て、この非常用出口から出るよう指示する。

 仮にスタック車両があっても、立ち往生の最大距離は2キロである。最後尾車両から順にバックで戻り、非常用出口からでることで、積雪量増大前に高速道路上から脱出できる。

 非常用なので、通常は利用されず、近隣住民の反対も少ないだろう。また、一般道路への接続道路は山間部を除けばそれほど長くなくて済む。
 山間地は上記の中央分離帯を外して逆走脱出でも対応可能だろう。

スタッドレス靴とスパイクゴム底2023年01月25日 05:09

 東北地方に住む友人がスタッドレスゴム底の靴を持っているという。
ネットで調べたら、スタッドレスブーツと称して、クルミ入りのゴム底のシューズが多数ある。車のスタッドレスにもクルミ入りのタイヤがあったので、靴への応用だろう。靴底もクルミ無しのものもあるようだ。

 私は靴底に付けられるゴムに小さな金属スパイクの付いたスパイクゴム底の滑り止めを持っているが、路面を傷めないためにはスタッドレス靴のほうが良いだろうか。

 調べたら、スタッドレスゴム底という両者の良い所取りのような商品もあった。

 優劣比較をすると以下のようになる。(個人の感想です。)

        スタッドレス靴  スパイクゴム底  スタッドレスゴム底

価格      数千円以上   500~1000円  1000~2000円
 
滑り止め性能(氷)  〇       ◎          〇

滑り止め性能(雪)  ◎       〇          〇

環境性能        〇       △          ◎

今朝はどうなるだろうか。

どうもワークマンにも滑り止め用品があるようだ。
(なお、ワークマンとは利益相反はありません。)

核保有国の敗北は核戦争を誘発する訳ではない2023年01月21日 05:27

このロシアのメドベージェフ前大統領の発言は脅しだろうが本当に有効だろうか。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20230120-OYT1T50149/?from=yhd&ref=yahoo

だが、必ずしも核戦争を誘発する訳ではない。

 第一の核保有国である米国はベトナム戦争やアフガニスタンで敗北したが核戦争は起こらなかった。ロシアも指導部が正常なら起りはしない。
 指導部が正常でないなら、敗北しなくても起こり得る。これが正しい認識だろう。

 今や日本もロシアの仮想敵国になっていることがロシアの官製メディアを見ていると分かる。

 https://sputniknews.jp/

この脅しを日本にも向けられないようにするには、まず、首都機能の地方分散と防衛力強化が必要だ。敵基地攻撃能力以前の問題を忘れているのではないだろうか。

福島事故汚染水への対策案2023年01月20日 05:47

 福島事故汚染水の海洋放出に対し、風評被害を心配し、太平洋諸国からも反対意見がでているようだ。
 地下水の流入量は大きく減少しているようなので、以下の対策はどうだろうか。
 
(1)当面、既存タンク内の水の減容に努める。そのため、タンクの水電解装置を設置し、酸素のみ分離、放出し、水素は水素吸蔵合金等で吸収、貯蔵する。
(2)並行して、各号機の炉容器周囲に水循環冷却装置を設け、燃料デブリからの崩壊熱除熱を行えるようにする。
(3)同時に、流入地下水の遮断に向けた遮へい壁の増強を行う。

 差し当たり上記の方策に集中するとともに、長期的にはICRP基準の見直しのための、ベータ線の内部被ばくによる生体影響についての種々のデータベースを整備し、放出水の生体影響が間接的にも無視できることを実証する。

この2面作戦で、当面の放出を抑制するとともに、長期的には放出に対する風評被害も防ぐことができると考える。これは国際問題でもあり、全世界の関係者の協力で成し遂げられるのだろうが、日本がイニシアティブをとるべきであることは当然である。

阪神・淡路大震災の原因は関空か?2023年01月19日 07:38

 阪神大震災の直後に大阪湾の海底を調査したところ、断層が淡路島方向から関空の端まで断続的にできていたとの報道があった。

 関西国際空港は、1994年9月の開港である。一方、阪神・淡路大震災は1995年1月なので、開港から4か月目で発生したことになる。因果関係が疑われても仕方がない。

 では、実際、関空の人工島の重さはどの程度だろうか。 また、その重量物による地層への応力はどの程度だろうか。概算してみた。

 関空の敷地面積は1期工事では540ha,標高は5.3mなので、人工島の水深を10mとすると、厚みは約15mとなる。即ち、
 土の体積は
 540×100×15=81000㎥
 土の密度を
 2.6g/㎤
 とすると、
 81000×2.6×100×100×100=2.1E11 g
(E11は10の11乗を示す)
 となる。

 この重量物が円盤状粘土層の中心におかれ、周辺の地層に応力を及ぼしたとすると、
 https://www.eng-book.com/ebw/DiskMaximumStressAndDeflection_center_1_calculation.do
を用いた計算により、
 関空ー神戸距離:30キロ
 粘土ヤング率:39.23N/㎟
 粘土ポアソン比:0.3
とした場合、
 粘土層厚さを100mとすると
 最大応力は0.98N/㎟
 粘土層厚さを1000mとすると
 最大応力は0.0068N/㎟
となった。
 粘土の許容応力は、0.02N/㎟程度なので、歪みモデルによっては影響を及ぼした可能性もあると考えられる。
 専門家による詳細な評価に期待したい。

いつまでどこにすめばよいか?2022年12月26日 05:09

ある記事を見て想った。

この災害の多い国で、いつまでも安全性が保証されている地域はないのではないか。雪国よりも危険なのは実は東京である。この密集した地域で直下型地震が予想されているのだから、明らかに雪国よりも死ぬ確率は高い。

いつまで東京にすむつもりなのか?

政治家もマスコミもそして我々も雪国の心配をする前にこの答えを準備しなければならない。

冬の停電時の備えとして忘れていたこと2022年12月23日 05:35

 先日、横浜での忘年会で参加者に聞いたところ、停電への対策をしている者は誰もいなかった。それだけ、冬の停電は何とかなると思っているのだろう。

 2019年9月に北海道で大規模な停電事故があったが、復旧までに2日間を要した。冬は交通手段が限られる。昨今のような大雪などの影響まで考慮すれば、一週間程度は耐える必要あるだろう。問題は、冬の食料とエネルギーの確保だ。
 
 食料があっても、料理するための熱源が必要だが、バーナーや石油ストーブなど電気に依存しないエネルギー源を持っている人は都会には少ない。食料供給自体も今回の新潟からのニュースを見る限り、物流停止により期待できない可能性が大きい。

 即ち、冬場に大規模停電が発生すれば、日本の多くの地域でヒトの生存に最も重要な食料とエネルギー源の確保が困難になるということである。

 では、食料と熱エネルギーが無い状態で、且つ、冬の寒冷地においていかに生命を維持することが可能か。

 かつて、登山家加藤文太郎は冬のアルプスで、雪の中にテント無しで直接寝ても平気だったそうだ。

 それは、歩きながらちょっとづつ食料を胃に補給していたためらしい。即ち、クマなど冬眠をする動物と同じように体内にエネルギー源を蓄積することで長期の寒さに耐えるという発想である。

 現在の日本ではダイエットブームもあり、痩せていることが重要であり、皮下脂肪の蓄積など健康に反すると思われている。

 しかし、一週間食料補給なしで生き延びるには、それなりのエネルギーを体内に蓄える必要がある。

 かつての北極のイヌイットのまねではないが、肉と高脂肪を含むエネルギー効率の良い食事で体内脂肪を増やし、一週間は食事なしで耐えられる体にしておくことが望ましい。

 脂肪1グラムは9キロカロリーだそうだ。
 成人男性の1日のカロリー数は安静時で2000キロカロリーである。従って、一週間食事なしで耐えるには、

 2000/9×7=1556グラム

が必要である。特に痩せたヒトは、寒いときは体温維持のためには更に必要だろうから、少なくとも2キロ程度、普段より太っている必要がある。そう簡単には増加できない重さである。

いま日本に最も必要なことは地震対策ではなかったのか2022年12月10日 11:14

コロナやウクライナ戦争、ワールドカップ、円安で明け暮れた2022年、忘年会をやっても地震対策の話は出てこない。

今朝も家の本棚が揺れた。マンションなのだが、かなり立て付けの悪い本棚のガラス戸が、隣県で震度1以下でもカタカタと振動し、微小地震を教えてくれる。ここ数日、また、微小地震が増えている感じだ。

以前から言われているように首都圏直下型地震は周期的に起こる。大正も昭和も遠くなった。ということは首都直下型地震の確率が増大していることと同じである。

地震そのものよりも、その後の物流や情報の混乱による被害の方がずっと大きくなるはずである。東日本大震災では大型トラックの通行が可能になるまでに2週間以上掛かっている。

首都圏の2千万人のための物流が2週間ストップしたら、かなりの健康被害が出るだろう。それよりも、政府、自治体の機能の殆どが暫くは働かないことを覚悟しておく必要がある。その混乱は、関東大震災以上のものになる。人口は東京、横浜とも5倍以上に増加しているが、道路面積は大きく変わってはいない。またそれも地震で大被害を受け、少なくとも1か月は十分機能しないであろう。

頼みの綱は新幹線だけだろう。しかし、神奈川県内で高架が一部でも破損したら、「のぞみ」は絶たれる。首都圏の人間はほぼ移動手段も、食料も絶たれたまま、1か月暮らすことになる。

最も大変なのは、水がないことである。そのためにトイレが使えない。
最近は殆どが水洗なので、水なしでは使用不可能である。たとえ風呂にお湯をためてあっても、各家庭のトイレは数日で使用不可能になるはずである。トイレの洗浄には従来型トイレで一日一人当たり20リットルは必要であることがある民宿での水汲みで実証できた。必要な飲み水の10倍である。

想像するにも困難な事態が首都圏住民には待ち受けている。生き延びられる可能性は、関東大震災時よりも一桁小さくなっているだろう。

では、どうするか。簡単な解は、数十年前に議論だけは盛んだった首都移転である。少なくとも、政治と経済の中心は分離したい。簡単なのは、官公庁や大企業の本社が米国のように地方都市に移転することである。

コロナ禍で、殆どのソフト的作業はリモートワークが可能なことが実証されている。政治に求められるのは、官公庁をすべてリモートワークにするよう、そして、勤務先をバーチャルにするよう法改正することである。

ネックとなるのは政治家への官僚からのレクチャーと国会質疑対応である。政治家はリモートワークができないと思い込んでいる。また、対面でしか交渉したことがないので面倒くさいとも思っている。

岸田政権が人気を回復したいのであれば、デジタル庁などという見通しが付かないことを推進するよりも、官公庁を地方都市に移転するように動くことである。そうすれば、関連する企業群の本社も地方都市に移転できる。

京都や横浜にごくわずかだが官公庁の一部が移転したことがあるのだから、組織の本体も決断しだいで移転可能だ。何なら、おひざ元の広島でも良い。できるだけ、関東地方から離れることで日本の安全性が大幅に向上でき、歴史にも名を残せる宰相になれるだろう。

ベランダを登った方法について2022年11月07日 20:59

 幼児がマンションの高層階のベランダから転落して亡くなった。ご冥福をお祈りいたします。

 現場の写真を見ると、ベランダの柵は2歳児の身長(約85cm)よりは十分高い。気になるのは、我が家にもある洗濯物干し用の支柱である。
2体の支柱が数メートル離れて設置されており、支柱には孔の開いた板状金具が垂直方向に回転できるように取り付けられている。量子中の板状金具を手前に持ち上げ、孔に竿を通して洗濯物を干す仕掛けである。
 問題は、使用していない状態の時である。この板状金具は、折りたたむことで、下向きとなる状態で、支柱の横に収納される。しかし、完全に支柱の中に納まるのではなく、側面にむき出しのままの配置となる。即ち、物干し竿用の孔は、地上50㎝程度の位置に配置されることになる。
 幼児がこれを見て、手や足をかけて登ることは十分可能な構造である。
 今後も同じような事故が起こる可能性はある。
早急にこの物干し用支柱の構造を幼児が登れない構造に変更する必要がある。例えば、竿用の孔がある板状金具が支柱内に完全に収まるような構造にすれば済む。当面は、応急措置として、孔の部分を隠すように硬い板を取り付け、幼児には外せないように縛って固定しておくことが考えられる。
 この物干し竿支柱の設計者は、幼児の行動への想像力を欠いたものだったのだろうと言える。なんでもそうだが、設計基準を守ってさえいればよいというものではない。重要なのは自然と人間への想像力だろう。(年寄りの後付けでした。)

なぜヒトはヒトを押しつぶせるのか2022年10月30日 07:09

 報道によれば、韓国で坂道の将棋倒しで100名以上の死者がでたらしい。
 
 伊藤紀子等の「人体表面の圧縮特性に関する研究」
 https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&ved=2ahUKEwjW76zQt4b7AhXcTmwGHZJ8BTAQFnoECBAQAQ&url=https%3A%2F%2Fwww.jstage.jst.go.jp%2Farticle%2Fsenshoshi1960%2F26%2F5%2F26_5_204%2F_pdf&usg=AOvVaw3zdEHg5X0Ht4PgGZ7RSWwT

によればF.Scribanoらの報告(Scribano. F. et al ; U. S. Army Natic Lab. Report,No. 70 (1970))では、躯幹部の圧許容値は約2000~10000g/cm^2となっている.最大許容圧縮力をこの値として、韓国の事故時の状況を検討してみる。

 坂道に200人(20人×10列)密着して並んでおり、横倒しになったとする。ヒトを身長160㎝×30㎝×10㎝の長方形、比重1.0(体重48kg)とし、接触する体幹部の面積を100cm^2と仮定する。

 平均10人の荷重分が横倒しとなることで下の人が受ける平均応力は、
F=48000/100×10=4800g/cm^2
となり、上記許容圧縮力の平均値と同等となる。

従って、10人以上が上から重なるような状況では圧迫死の可能性が高く、今回もこのような状況にあったと推定される。

 また、接触する体幹部の面積を大きくすれば、逆比例して応力が小さくなるので、横倒しになりそうな混雑地に出かける際は、分厚いダウンなどを着用し、周辺のヒトとの実質的な体幹部接触面積を増加することが救命に繋がる。

 山スキーなどで雪崩に巻き込まれた場合、雪による圧迫死が時々起きる。雪崩用エアバッグなどによる浮力や表面積の増加だけでなく、雪崩が止まる瞬間に身体軸を鉛直方向に向けることで圧迫死を免れる確率が増えるはずである。雪崩の中で上方に泳ぐと良いと言われるが、流れの上に浮くということだけでなく、雪に埋まった時に身体軸を雪の重圧を受けない方向に向けるという意味でも重要であろう。