コロナウイルスの今後2021年02月05日 11:32

インフルエンザウイルスは元々シベリアのツンドラ凍土に冷凍保存されているが、渡り鳥が啄んで中国に運びニワトリ、豚、ヒトと変異しながら伝染する。
ツンドラ凍土には様々な遺伝子型のインフルエンザウイルスが保存されているので、地球温暖化により新たなウイルスが広がる可能性がある。

新型コロナはコウモリから拡散したらしいが、コウモリは飛ぶための心臓は駆動回数が多く、体温も高いために様々なウイルスに無症状感染することができる。

これらから2つの可能性が考えられる。

(1)冷凍食品が新型コロナ汚染され、全国に拡散する可能性。
(冷凍食品を大量廃棄した中国のニュースが思い出される。)
(2)高体温動物が感染し、ヒトに変異型をうつす可能性。
(体温の高いこともが無症状、感染しにくいということが思い出される。)

いづれもワクチンの効果がはっきりするまでは注意しなければならない。インフルエンザのように変異型別のワクチンが必要になる可能性もある。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yokoyamashindo.asablo.jp/blog/2021/02/05/9344280/tb